本文の開始

さくら介護ステーションけやき

けやき鍼灸整骨院トップ > さくら介護ステーションけやき

大阪市東淀川区のさくら介護ステーションけやき

はじめまして。
さくら介護ステーションけやきはけやき鍼灸整骨院を母体とし、
地域の皆様の熱いご要望から誕生しました。
さくら介護ステーションけやきでは「ことば」と「こころ」の交流を大切に、
介護の必要な方、ご高齢の方、お体の不自由な方だけでなく
ご家族の皆様の介護軽減のお手伝いをいたします。

訪問介護とは?

介護護福祉士やホームヘルパーの資格がある訪問介護員がご自宅を訪問して、排泄や入浴・食事などの「身体介護」や、買い物代行、調理、掃除、洗濯などの「生活援助」を行うサービスです。

  • 注1) 介護を行っている家族の方の掃除・洗濯・食事作りといった家事については、残念ながら介護保険のサービスの対象とはなりません。あくまでご利用者様ご本人の支援です。
  • 注2) またお客様のおもてなし、子守、ペットの散歩、植木の世話なども対象にはなりません。

介護保険対象者について

介護保険のサービスの利用できる人は、第1号被保険者と第2号被保険者です。

第1号被保険者

65歳以上の高齢者の方

要支援

日常生活の一部に介護が必要だが、介護サービスを利用すれば普段の生活が出来る方

要介護

寝たきり状態や認知症などで食事・排せつ・衣類着脱といった介護を常に必要とする状態の方

第2号被保険者

40〜64歳で特定の疾病で介護を必要としている方

特定疾患とは認知症や脳血管疾患など老化が原因とされる16種類の疾患の事です。

●筋萎縮性側策硬化症 ●後縦靱帯骨化症 ●脳血管疾患 ●骨折を伴う骨粗鬆症
●シャイ・ドレーガ症候群 ●早老症 ●初老期における認知症 ●脊髄小脳変性症 ●脊柱管狭窄症
●パーキンソン病 ●閉塞性動脈硬化症 ●慢性閉塞性肺疾患 ●慢性関節リウマチ
●糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
●両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う、変形性関節症
 (※ただし、病状が安定し入院治療を必要としないが常に看護・介護が必要)
●がん末期(医学的知見に基づき回復の見込みがない状態と判断したもの)

要介護・要支援認定の目安について

要支援1
日常生活はほぼ自分で出来るが、現状を改善し、要介護状態予防のために少し支援が必要な方。
要支援2
日常生活に支援が必要だが、それにより要介護に至らず、改善する可能性が高い方。
要介護1
立ち上がりや歩行が不安定。排泄や入浴などに部分的介助が必要な方。
要介護2
立ち上がりや歩行などが自力では困難。排泄・入浴などに一部または全介助が必要な方。
要介護3
立ち上がりや歩行などが自力ではできない。排泄・入浴・衣服の着脱など全面的な介助が必要な方。
要介護4
日常生活能力の低下がみられ、排泄・入浴・衣服の着脱など全般に全面的な介助が必要な方。
要介護5
日常生活全般について全面的な介助が必要。意志の伝達も困難な方。
 
 


このページのTOPへ

けやき鍼灸整骨院トップ > さくら介護ステーションけやき

さくら介護ステーションけやき

大阪市東淀川区東淡路1-5-25

TEL:06-6329-7332
FAX:06-6829-7440

さくら介護STけやきのご案内

東淀川本院

大阪市東淀川区東淡路1-5-25

TEL:06-6329-7330
FAX:06-6329-7330

東淀川本院のご案内

玉造院

大阪市天王寺区玉造元町7-6

TEL:06-6761-7334
FAX:06-6761-7334

玉造院のご案内


ページの終了